薬 手帳

薬の手帳は持っておくと安心

例えば複数の病院を利用しますと似たような薬を処方されることはよくあることだと思います。

 

貴方が頭が痛くて病院にかかって頭痛薬を処方してもらったと仮定します。

 

そして、また同じ人が次の日に歯医者さんを利用し、痛み止めの薬を処方されたとして考えてみてください。

 

シアリスの購入方法
>>シアリスの正規品の購入はコチラから<<

 

その時に、もし事前に歯医者さんに対して「今現在病院で処方をしてもらった頭痛薬を飲んでいます」と伝えておくことによって、その歯医者さんは頭痛薬と重なることの無い薬の処方を検討することとなります。

 

しかし、患者さんが何の薬を現在服用しているのかを忘れて伝えられなかった場合におきましては、歯医者さんはそれを知ることなく、頭痛薬と同じような効果を持っている痛み止めを処方してしまうことが考えられるのです。

 

もし、貴方が頭痛薬と痛み止めを一緒に服用をしてしまったら、同じような効果を持っている薬を通常の倍の量飲んでしまうことになります。

 

それにより副作用が現れてしまう危険性も高くなってしまいます。

 

当たり前のことですが、医者や歯医者、また薬剤師が事前に他の薬を使用していないかを確認するのですが、それでも何の薬を飲んでいるかすぐに分からないケースの時には、薬の処方をすることが出来ずに、お互いに困ってしまうことになります。

 

そこで「薬の手帳」を持っていることによって、何の薬を飲んでいるか、またその薬を飲んでいる量や回数などといった詳細をすぐに分かりますので、同じような薬の処方を避けることが出来るのです。

 

複数の病院を利用していて多くの薬を処方してもらっていたり、市販薬を購入して飲んでいる場合におきましては、薬の飲み合わせにより効果が強く現れて副作用を引き起こしてしまったり、それとは逆に効果が弱まってしまうことがあるのです。

 

ですので薬の手帳を事前に提示をして、医師や薬剤師に薬の飲み合わせを確認してもらうようにしましょう。

 

これで副作用やその他薬での害を事前に防ぐことが出来るというワケです。