薬と毒

薬と毒の関係性について

薬と毒、こう書いてしまうと、多くの人は毒は悪くて、薬は良いものとして考えてしまうでしょう。

また、薬と毒はまったくの別物であると考える人もいるかもしれませんね。

シアリスの購入方法
>>シアリスの正規品の購入はコチラから<<

が、薬と毒は別物であるというのは間違いなのです。

人の命を救うような薬でも、使い方や用量を守って使わなければ、逆に命を奪ってしまうことにもなるのです。

つまり、薬と毒は表裏一体の存在であるという認識が正しいのかもしれません。

モルヒネという薬があります。

癌の痛みを抑えるなど、鎮痛剤として非常に効果の高い薬です。

モルヒネを有効に使うことで、癌の末期状態にある患者にも有用な鎮痛効果が期待できます。

しかし、一方でモルヒネは快感を生む薬として、悪用されることもあります。

一昔前ではモルヒネ中毒となってしまうような人も多くいたのです。

結果、使用量が人体の限界値を超えてしまい、死に至る。

そういったことがたくさんありました。

ただ勘違いをしていただきたくないのですが、きちんとした用法や用量を守っていればモルヒネに依存性などの問題はないということです。

抗生物質なんかもそうですね。

人体に影響はほとんどありません。

が、人体に入った細菌には毒として作用します。

他にも血清というものがあります。

これは蛇など毒のある生物にかまれたときに打つものです。

が、この血清を作るのにはどうするかというと、該当する生物の毒を、無毒化、弱毒化した上で、動物などに注射するのです。

そして、毒素に対する抗体を作らせるのですね。こうしてその毒素に対する抗体を含んだ血清を蛇などに噛まれた患者に投与するのです。

いくら無毒化しているとはいえ、完全に毒から薬が作られているパターンです。

こうした例は枚挙に暇がありません。

他にも向精神薬などもそうですね。

用法や用量を守って、使用する分には精神科の疾患に対する有効な薬となります。

しかし、過剰に摂取したりすると幻覚などを見たりというようなこともあります。

毒は薄めれば薬となる。

薬も過剰に摂れば毒となる。

やはり、薬と毒は紙一重、表裏一体の存在だと考えるのが妥当だと言えるでしょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<