薬アレルギー

薬アレルギーの検査や原因など

そもそも薬アレルギーというのは、薬を服用したり塗ったりすることによって生じるアレルギーの病気のことを言い、中には注射で薬アレルギーが起こってしまうこともあります。

 

ただ単に薬アレルギーと言いましても、その反応はいろいろな形があり、中には死亡に繋がってしまうケースもあるので注意が必要です。

 

シアリスの購入方法
>>シアリスの正規品の購入はコチラから<<

 

その代表的な薬アレルギーが「ペニシリンショック型」で、失禁や意識が無くなったりしてしまい、これらの手当が遅くなってしまいますと死亡に繋がることもあります。

 

薬アレルギーの一般的な症状としまして、喘息発作や嘔吐、下痢、蕁麻疹、発疹など様々挙げられます。

 

このように軽い症状から重い症状まで様々あることがわかります。

 

どんな薬であっても薬アレルギーになってしまう可能性があるということをまずは覚えておいてください。

 

また薬アレルギーは薬を服用して一時間以内にすぐ発生するタイプや、24時間経過してから発生するタイプがあります。

 

薬アレルギーが出るまでの時間は薬によって異なっていますのですぐに症状が出ないからと言って安心してはいけません。

 

薬アレルギーというのは診断をすることが困難であり、例えば血液検査や尿検査などを行ったとしてもその原因を掴めないことがあるのです。

 

しかしどうしても薬アレルギーの原因を知りたいのでしたら「誘発試験」をする必要があります。

 

薬アレルギーの原因と考えられる薬物を眼に垂らしたり、鼻の鼓膜に付けたりしてその反応をチェックします。

 

その他にも内服テストもありますが、このテストの場合には、身体に大きな負担がかかってしまう反応が出ることもありますので、専門の医師としっかりと相談をしてから実施するべき診断方法と言えます。

 

もし自宅で薬を服用していて、少しでも身体に変化があるようでしたら、自分で解決をしないで、すぐに担当医に相談をするようにしてください。

 

治療が遅れてしまうと、取り返しがつかなくなってしまう可能性もゼロでは無いのでご注意ください。